コウモリ駆除でコウモリを傷つけずに追い出す方法を知っておこう。

害獣駆除の重要性~被害が深刻化するその前に~

自分でコウモリの繁殖を予防する方法

こうもり

コウモリが好む場所の特徴はどんな環境でしょうか?コウモリの被害に遭わないためにも、どんな場所が危険なのか把握しておきましょう。

コウモリが潜む場所はココだ!

コウモリが好む住宅地の特徴
コウモリは雨風をしのげる暖かい場所を好みます。住宅の屋根裏や倉庫などに棲みつくケースが多く、糞により二次被害を引き起こしてしまう場合があります。また、コウモリにはノミやダニが寄生しており、それが原因で健康被害につながってしまうこともあります。
コウモリが好む公共施設の特徴
コウモリが棲みつくのは住宅だけとは限りません。飲食店や公共施設などにも棲みつき、甚大な被害をもたらすこともあります。飲食店や公共施設は一般の住宅に比べて大きいということもあり、コウモリが侵入しやすいのです。高い場所は人目につくこともないので、コウモリにとって絶好の住処となってしまいます。

コウモリはどんな小さな隙間からも入り込むことができます。自分の家は大丈夫だと思っていても、コウモリの被害に遭う可能性は十分にあるのです。

害獣に有効的な予防方法~コウモリ編~

コウモリの繁殖は自分で予防することも可能です。ここでは、有効な繁殖予防方法をいくつかご紹介します。

繁殖を阻止~コウモリ編~

スプレーで予防
コウモリを追い出すにはスプレーが有効です。コウモリ専用のスプレーがあり、ホームセンターなどで販売されています。コウモリの嫌がるニオイで追い出し、繁殖を阻止することができます。
磁石で予防
コウモリは視力が弱い分、超音波を使って飛んでいます。その生態を利用することで繁殖を阻止できます。磁石で超音波を狂わせることで、コウモリが物を把握できなくなり、寄り付かなくなります。
線香で予防
コウモリは煙を嫌う習性があります。蚊取り線香を使うことで、煙と独特なニオイでコウモリを追い出すことができます。ただし、追い出すことができるだけで、またその場所に戻って来ることもあるので、追い出した後に対策をするのがポイントです。

自分で行なうのはあくまで予防方法です。駆除をする際は、コウモリ駆除の専門業者に依頼するようにしましょう。

TOPボタン